FC2ブログ

ひっぱれ!俺たちの選択(1)交代の時が来た

グライダーをやるには、結構人手が必要。


何だかんだで、役割分担がある。


飛ぶひと、指揮する人、教える人、翼を支える人、索を戻す人、そして引っ張る人。


これじゃ翼の重い、高性能な複座機は組み立てられないので、最低でも7名は必要。


だから、どれか一つかけても、楽しい思いはできない。


動力がないピュアグライダーは、航空機かウィンチで引っ張らなければ空に出られない。


だから「引っ張る」人も重要だが、最も重要なのは引っ張る「モノ」。


ウチは航空機曳航がホームではできないので、大切なのは即ち、ウィンチ


20080118ウインチ.jpg


ウチのは自慢できるぜ。白川の天才、God-Tが作ってくれた、T型ウィンチ


今はエルフに乗っかっている。何せ自走できるのもそうはないけど、その性能がスゲエ。


エンジンはUDPD-6型。東名高速が開通した年に、初めての高速バスに搭載したディーゼルだ。


PD6engine



オイラが引き継いだ時には燃料ポンプから噴水の如く漏れていたが、直したら、ご機嫌なこと(^_^)v


調べたが、多分現存する実動エンジンは、これしかないのでは。UDさん、持ってないでしょ?


このウィンチは、俺たちの誇りだ。


何せ30年近く全開で引っ張り上げてるんだぜ!それも毎回ゼロヨンじゃなく、ゼロセン(0-1000m)!


こんなファンキーなマシーン、他にないぜ!


こいつが末永く動いてくれると良いなとは誰しも思うが、残念ながら、かなり傷んでいる。


オイラは担当だから、解る。本当は、瀕死だ・・・。


こいつがお釈迦になる瞬間まで、みんな、引っ張ってもらいたいかい?


オイラは、いやだ。


世は政権交代だが俺たちにはウィンチ交代の時が来た!


オイラは昨年初めから、特命係長だ。只野仁ほど格好良くはないけど(^^;)


紆余曲折、1年以上いろんな勉強をして、選んだのが、これだ!


SL-2(1)


SKYLAUNCH スカイローンチ イギリス製。 http://www.skylaunchuk.com/


クラブの幹事会から分化したプロジェクトでも意見が割れたが、結局、今日これに決まった。


オイラが、日本では定番のTOST トスト を選ばなかったのは、いろいろ訳がある。


そこいら辺は、おいおい紹介していくとして、日本で初めての買い物になるかも。ワクワクするぜ!


みんなの応援、4649 !!

スポンサーサイト



tag : ピュア グライダー ウィンチ 航空機曳航 エルフ UD PD-6型 政権交代 特命係長

アルバム
最新記事
プロフィール

glidejunky

Author:glidejunky
高く、遠く、長く。それは

グライダーを愛する者が常に夢見ること。

日々の練習を疎かにしては

空の極みは味わえない。

バッタだって百回やれば

それは立派な経験。

一発一発、魂を込めて飛べ!


ご自由にお使い下さい(^^)/ Towards the silver crests
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入りリンク
パイロットライセンスなら名古屋空港 ハートランドエアー ハートランドエアー
デジタル一眼レフ カメラ用品 周辺機器・アクセサリを通販 HSGi WEBSHOP



  • 管理画面
  • QRコード
    QRコード