FC2ブログ

攻めて耐えて、獲った!5時間!(3)

「平均時間を下げないでくれよなあ!」
シーラス乗員組合の先輩方から厳しいお言葉。


見上げると、3分後に上がったCJが5000ftをリクエストし、各務山上空で悠々と高度を上げている。


(やはりあれを掴んだか。何故俺はあそこに居ないんだ…。)
頭に来すぎて腹が減ってしまい、リト車とピスト車の間に隠れて、独り握り飯を頬張る。


昼を回った頃、空はブルーだがサーマルの風が出始める。


20090614攻めた(19)


愛機は佇んだまま。すると、もう一回いけよ!のひと言。ヤッター!本当に良いんですか?


2発目12:09 離陸 離脱1250ft。あのサーマルはもう去ってしまったようだ。
ウィンチ直上で小さく旋回し、北側を狙う。


ゾワゾワ感じる。右だ!息を止め、スティックを引きながらトリムを合わせる。まだ細いがリフトを掴む。
高度は1000ft、これにしがみつくしかない。帽子の鍔を上にめくる。真剣モードに入った時の癖だ。


さっきの二の舞にならぬよう、愛機を煽てながら、サーマルが育つのを、じっと待つ。


着実に成長したサーマルに2000ftまで上げてもらい、流されながら、少しずつ東へ。そろそろ1時間か。もう少し良いリフトを得たいが、冒険する余裕はあまりない。


(平野部ではダメだ…。)
北山や御坊山が目に入る。山筋に沿ってみれば?少しひらめく。

                                       <続く>
スポンサーサイト



tag : グライダー 挑戦 アラフォー 癒し

Today's FLT 雷には勝てん

今日は昼頃まで飛べりゃいいじゃん、って感じでスタート。


練習生Nさん、主任教官に言われ、ケータイで必死に天気の情報を探る。


今日の天気予報は、誰がどう見たってダメな日。でも昔から飛行場のあるところって、案外天候がよい。


もたつく練習生に、教官は航空気象サイトから、「飛行できるという根拠」を(^^;) Nさん撃沈。ガーンバ!


定時飛行場実況気象というのがあり、METAR(メター)というが、ケータイでも取れるんで、便利。


予報はTAF(タフ)という。何時から何時まで、どの方向にどの位風が吹くとか、雲の量や高さ、雨や霧、もやの有無等々。


数字とアルファベットの羅列だから、意味を理解してないと、読めん(^o^)


使うと日常生活でも有効ですよ奥さん(^o^)洗濯とか、布団干しとか ← そんなヤツいねえか(^^;)


しかし今頃天気読む俺たちって・・・アフォだと思うでしょ? チッチッ、観天望気は最重要。


俺も長いときは3日ぐらい前から情報収集するし、前日夜と当日朝のチェックは欠かさないが、最終判断は目で見て、肌で感じて、だな。


だから天気図がいくら読めたって、これが下手なヤツは、ダメ。これがホントのKY。空気読めてナーイ。


風が南東卓越でR/W10で決定。俺も入会以来初めての東向き発航(^o^)やってみたかった!


しかしこっち側、気持ち良いな(^o^) 複座の機体が緑によく映えるぜ。


20090725雷には勝てん(4)



俺も教官に乗ってもらい、ややkincho。


オールグラスの発航点。風が吹いて気持ちいい~!


今日は空中の写真なし。余裕あまりなかったもん。教官見てるし。本日の飛行時間、11分。


あ~気持ちよかった!おし、ウインチ交代してやらねば!


交代してから2発、ゴロロ~ンと鳴。1230頃。


おおー、来たねえ。今揚げたら電気集められるな(^^)/などと呑気なことを考えてはいけません。


即座に撤収指示。本日は7発で止め。


ま、予定どおりだね。でも飛べなかったひとも。お疲れさまでした(>_<)

tag : 天気 METAR TAF 観天望気

Today's FLT 空でお昼寝

20090720ラッキーガール01


3連休の最後でやっと飛べました。


昨日は天候が思わしくなく中止の判断で残念(>_<) しかしこれもグライダー。


今日は朝から快晴!


娘ラブリィが「わたしも行く!」と言うので、連れて行くことに。もう何回かは乗っています。


春のFLTでデビューを果たしたラブリィ。


離陸上昇中は、ウキャキャーと大はしゃぎ、離脱の瞬間、ワーイ!と叫び、ドラえもんを歌い始める始末。


挙げ句の果てには、熟睡!主任教官にダッコされての帰還で、大物伝説を作ってしまったラブリィ。さて今日のFLTは如何に・・・。


キャノピーがしまった途端に、ウヘウヘウヘと薄ら笑いが・・・。


シュパーツ!シュパーツ!と連呼しています。まだだっちゅうの(^^;)


やはり上昇中に歌を唄うのがお気に入りのようで、離脱後は景色に見とれていました。


渋い天候のように見えて、よく滞空できる、いい条件でした。


20090720ラッキーガール02



後席は上がれー上がれー!と大連呼しています。


3700ftまで上昇、金華山往復をリクエストし、さあ、あの山に行くよ、お城があるよ、と後ろを振り向くと、


20090720ラッキーガール03


何と!というか予想どおり!もう爆睡中でした。おネエさん、おまた開いてますよ。


その後1時間あまりのFLT中、全て寝ていたのでした(^^;)


さすが、ラブリィ。肝っ玉が据わっているね!


本日のFLTTIME 1:17

OUT LANDINGS(1)白川天然温泉 四季彩の湯

今日は、午後から国道41号線を走り、白川へ。


飛んでいないときも、飛ぶことを考えています。今日はウインチのことをずっと思案。


ウインチとは、巻き取りの機械ですが、グライダーの世界はダイナミックですよ。


ウチでは鋼鉄のワイヤーを1000mほど延ばし、グライダーに繋ぎ、合図と共に一気に巻き上げて凧揚げのように曳き、300m~500m程上昇したらグライダー自身が切り離します。


これをウインチ曳航といい、他には飛行機曳航があります。どちらも一般的で、飛騨エアパークを拠点にした合宿ではウチも飛行機曳航やります。


昔は自動車曳航などもありましたが現在では多分やっているところはないでしょう。人力曳航というのは、ありません(^o^)


前回の四駆で曳いているワイヤーは、そのために準備している様子です。


この作業はリトリーブといい、索戻しという意味があります。


ワイヤーのことは単に「索」と呼んでいます。現在は鋼鉄のものに変わり、プラスティック製のロープが登場してきました。強度が鋼鉄よりありますが、擦れや熱に弱いなど、まだまだ発展途上。


ウチも時期ウインチ導入時には、検討したいところですが、実は今日はそのこともあり、ウチの機材を一手に引き受けてくださっている白川のT氏に会いに来たわけです。合掌造りの白川郷とは違いますよ。

20090718ガスティ白川


話が終わり、19時頃下呂に向かい走り出しましたが、川にガスがかかっていて、とてもキレイだった!


彩の湯という看板が目に入ったので、ちょっと入ってみることに。

20090718白川彩の湯


食堂のラストオーダーがもう間近だったので、先に夕食にしました。
美濃白川産の地鶏を使ったケイちゃん定食(700円)!

20090718白川ケイちゃん


初めて食べた「ケイちゃん」!話には聞いていたけど、激ウマでしたよ!


junkyは北海道勤務が長かったので、「松尾ジンギスカン」とか「長沼ジンギスカン」が大好きですが、それに匹敵する旨さ!!


食事の後は、早速、温泉です。写真はお断りなので、ありません(^o^)


日本では白川の黒川地区でしか産出されない、麦飯石(ばくはんせき)の露天風呂がありました!


お湯が体に吸い付く感じがあり、独特の柑橘系っぽい香りもあり、オススメです!


うーん(*^_^*)サイコー。


疲れがぶっ飛んで、帰りのドライブも楽々でした!






tag : 白川 四季彩の湯 ケイちゃん 麦飯石 ウィンチ曳航

攻めて耐えて、獲った、5時間!(2)

周辺の地形はとても恵まれており、四季を通じて様々なフライトが楽しめるが、普段の練習でも山岳滑翔のためのシミュレーションが可能だ。


フライトの準備は着々と進行する。機体の組み立ては任せて、ウィンチを準備する。午前中はウィンチマンだ。
 

10:05飛行会開始。1時間を過ぎても、単座機は一向に上がる気配がない。


(行かないのかな…。)


尻がムズムズし、落ち着かない。


『単座は、上がらないんスか?』


無線で遠回しに早めの交代をリクエストする。迎えのトラックを自分で運転する。


愛機DRはもうスタンバイ完了。デジカメを手に、そそくさと乗り込む。
 

20090614攻めた(14)


・・・1発目は惨敗。各務山の東側にあった強烈なリフトに煽られ、ひっくり返りそうになる。


「うわ何だこれ!」
咄嗟にスティックフォワードがでる。


異常姿勢講習を受けていて良かったとつくづく思う。1000ft前後でアクシデンタルスピンに入りたくはない。


200ft失い迷わず帰投。6分。くっそう!

tag : グライダー 挑戦 アラフォー 癒し

俺の愛機(1) シェンプ・ヒルト式スタンダード・シーラス型

俺の愛機DR01


彼女はひとつ年下(*^_^*)


昔は世界中で賞を総なめにしたこともある、トップレーサーだったんだ。


とにかく礼儀に厳しく、ちょっと不躾な真似をすると、すぐにしっぺ返しが来る(>_<)


俺の愛機DR02



しかし煽て方が巧いと、いつも天高く昇っていってくれたり、ワルツを踊ってくれる、とてもイイ娘だ。


ウチにも親衛隊が組織済み。ハチマキ締めて「シーちゃ~ん!」って奴は多い。オッサンに好かれるタイプ。


この娘を手に入れることができたら、もうだいぶ飛べる証拠だね。


<データ>
翼長:15m
機体重量:約225kg
超過禁止速度(Vne)220km/h
失速速度(Vs1)62km/h

攻めて耐えて、獲った、5時間!(1)

2009.6.14(sun)


朝の空はとてもhazyだった。


前日から気象チェック。梅雨前線は思いの外上がって来れず、地上では終日西南風の雰囲気。


しかし、よく見れば3000ft付近は北西成分があるかも知れない、と気付く。


(バッタかと思っていたけど、ひょっとすると、今日は面白いかも!)


プリンターが吐きだす、ネットの予想図を目で追いながら、呟く。






「1ヶ月も空いちゃったな…。」


春の乗鞍岳を思い浮かべながら車を走らせる。あの時の感動がまた込み上げてくる。


10000ftゲット!


あえて単座機に乗らずに、複座機でベテランにじっくり教わったことが何よりの成果だった。


1年ぶりの飛騨合宿は値千金だった。


思い切り飛べたとは言い難かったが、色々なことを学んだ。


コンバージェンスやリッジの使い方、強烈なリフトとの闘い方…。


ヤマに近づけば近づくほど高次元になる…





(今日はシーラスに乗ろう。あの時のお復習いをしよう。)



軽く頷き、そう決めた。胸が高鳴る。


もう生活の一部になってます。実際。

どもjunkyです。はじめまして。


2年ほど前からグライダー始めました。


最初はドキドキでしたけど、教えてもらいながら何とかソロに出て・・・。


今では生活の一部です。ライセンスも取得し、子供も巻き添えに楽しくやっています!


5月には北アルプスも飛んできました!


乗鞍岳から槍岳を望む


最近ではだいぶ長く飛べるようにもなってきました。皆さんのおかげです!


ブログ初心者で、しかも不定期アップですが、どぞよろしく!

tag : グライダー アラフォー 癒し 挑戦

アルバム
最新記事
プロフィール

glidejunky

Author:glidejunky
高く、遠く、長く。それは

グライダーを愛する者が常に夢見ること。

日々の練習を疎かにしては

空の極みは味わえない。

バッタだって百回やれば

それは立派な経験。

一発一発、魂を込めて飛べ!


ご自由にお使い下さい(^^)/ Towards the silver crests
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
お気に入りリンク
パイロットライセンスなら名古屋空港 ハートランドエアー ハートランドエアー
デジタル一眼レフ カメラ用品 周辺機器・アクセサリを通販 HSGi WEBSHOP



  • 管理画面
  • QRコード
    QRコード